大輪朝顔の展示(文京 朝顔・ほおずき市)

大輪朝顔市 発祥の地「牛天神 北野神社」

大輪朝顔は、江戸時代より牛天神で展示が始まりました。

牛天神が保有する歴史的文献の中で
「嘉永5年(1852年)、牛天神北野神社境内で花あわせ(花闘・品評会)番付に大輪朝顔が展示される」
との記述があります。

「大輪朝顔市」発祥地として歴史と文化を繋ぐべく、平成26年より平成の文の京(みやこ) 牛天神の境内において大輪朝顔が展示されるようになりました。

大輪朝顔とは

大輪朝顔

朝顔は夏の代表的な草花として古くから多くの人々に親しまれ続けています。

江戸時代以降になると朝顔ブームが繰り返し起こり、品種改良が進んだ結果、一風変わった「大輪朝顔」も登場するようになりました。

開催期間:毎年7月 第3土曜日・日曜日

江戸太神楽

「大輪朝顔展示」のほか、東京都指定無形民俗文化財「江戸太神楽(えどだいかぐら)」が披露されます。

祭祀・催事一覧