紅梅まつり

当神社は菅原道真公をお祀りしております。道真公が梅の花を愛され、いとおしまれた事を千百年の時を越えて皆様に知っていただきたいと思い、毎年牛天神紅梅まつりを催しております。

紅梅祭りの歴史と梅の種類 →

第三十五回牛天神 紅梅まつりは【平成29年2月1日(水)〜2月25日(土)】に執り行います。詳細は下部ポスターでご確認下さい。

「北野の福紅梅」の梅酒

紅梅祭り期間中に、御朱印・お守り・御札などをお受けいただいた方に、かわいい容器入りの「北野の福紅梅」の梅酒(神社の境内で取れた梅の実を5年から10年寝かせたもの)を進呈しております。
※数に限りがございますので、あらかじめご了承下さい。

短冊絵馬・紅梅守(健康守り)・献梅守護守(家内安全守り)

宮司がデザインした牛天神オリジナル、紅梅まつり期間限定の短冊(たんざく)絵馬・紅梅守(健康守り)・献梅守護守(家内安全守り)を社務所にてお受けいただいております。

献梅祭

紅梅まつり期間中、第2日曜または第3日曜日に「献梅祭」が開催されます。この献梅祭でご祈祷(午前11時より)をお受けになった方には、献梅祭のお札(写真右)にお名前、お願い事(学業成就・家内安全・商売繁盛・交通安全)を神社側でお書きいたしまして、お渡しいたします。

※特別ご祈祷料金 各1口 2,000円(税込)

また、当日午前11時〜午後4時の間には境内において、野点(のだて)・天神太鼓を行い、甘酒・とん汁等をふるまいます。

※献梅祭の日時はその年の梅の咲き頃に合わせて、第2日曜か第3日曜日に行われます。

開催期間:毎年、梅のつぼみが開くころ

期間中は、土曜日毎に甘酒・しょうが湯を、日曜日毎には、梅のお菓子(牛天神 北野の紅梅)、1日限定100個の梅の実、甘酒をふるまっております。

献梅祭当日には、梅の小枝(限定200本、お一人様一本ずつ) を差し上げます。お持ちになりたい方はぜひお早めにお並びください。

※紅梅まつりの開催日時・期間は、その年の梅の花の咲き頃に合わせておりますので毎年異なっております。ご了承下さい。

祭祀・催事一覧